ふとした出合い(縁)で、夢や希望が現実に、すばらしい未来がみえてくる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
下部鉄道跡 端出場~山根⑪ (最終)

こんにちは、風変りな電気屋 です。

住友下部線跡

今日は、山根収銅所です。

もう時効なので、白状しますが、

この場所は、小学生の頃の遊び場でした。

場内のトロッコに乗って・・・

左側のフェンス内が山根収銅所
IMGP0119.jpg

内宮神社側 太鼓台が通る石段の狛犬
IMGP0120_20100525221909.jpg

左側のフェンス内が山根収銅所
IMGP0121_20100525221918.jpg

右側には、角野小学校

内宮神社からのカーブが終わり

ここからは、ほぼ直線です。

煙突山が見えます。
IMGP0122.jpg

右側に山根の住宅街
IMGP0123.jpg

線路跡におおい被さる楠の木
IMGP0124.jpg

右側のフェンス内が山根収銅所
IMGP0125.jpg

昔は、コールタールを塗った木塀だった。

山根収銅所の入口
IMGP0127.jpg

ここも昔は、コールタールを塗った木戸だった。

下側にすき間があり、そこから中に・・・

もう時効です。

自宅近くの踏切跡からの煙突山
IMGP0129_20100525222020.jpg

下部鉄道跡 端出場~山根 終了です。 (笑)


素晴らしい自然環境で育った風変りな電気屋


次回は、紅葉の時期に歩きたいですね。





スポンサーサイト
2010-05-25 Tue 22:24
別窓 | 下部鉄道跡 端出場~山根 | コメント:1 | トラックバック:0
下部鉄道跡 端出場~山根⑩

こんにちは、風変りな電気屋 です。

住友下部線跡

今日は、内宮神社です。

内宮神社の手前南側
IMGP0102.jpg

右下部のコンクリート部分が坑水路です。

内宮神社の手前北側
IMGP0103_20100524215140.jpg

もう少しで、内宮神社

坑水路が少し曲がっています。
IMGP0111_20100524215147.jpg

この先を左に曲がると内宮神社です。

影は、線路跡に生えたビワの木。
IMGP0113.jpg

内宮神社の手前南側
IMGP0114_20100524215207.jpg

右側のコンクリート部分が坑水路です。

地上に露出しています。

内宮神社の手前南側
IMGP0115_20100524215214.jpg

岩盤の横を坑水路が通っています。

内宮神社側
IMGP0116.jpg

鳥居が小さく見えます。

内宮神社 南側石段
IMGP0117_20100524215231.jpg

左側の石積みの上の

コンクリート部分が坑水路です。

坑水路は、南石段下を通り

太鼓台が通る北石段下を通り

山根収銅所

明日は、山根収銅所

下部鉄道跡 端出場~山根⑪(最終)につづく (笑)






2010-05-24 Mon 21:55
別窓 | 下部鉄道跡 端出場~山根 | コメント:0 | トラックバック:0
下部鉄道跡 端出場~山根⑨

こんにちは、風変りな電気屋 です。

住友下部線跡

今日は、内宮神社の南側です。

板ノ本北側 岩盤の切り通し南側より
IMGP0079_20100523215748.jpg

左下部のコンクリート部分が坑水路です。

板ノ本北側 岩盤の切り通し北側より
IMGP0081_20100523215757.jpg

高速道路の橋げたが見えます。

煙突山が見えてきました。
IMGP0083.jpg

岩盤の切り通しが、小さく見えています。
IMGP0084_20100523215814.jpg

内宮神社側
IMGP0086.jpg

板ノ本北側 岩盤の切り通しから

内宮神社の間は、S字カーブです。

煙突山
IMGP0087_20100523215838.jpg

下の道路は、別子に続く県道

県道の下が、国領川

左のコンクリートの建物は、別子ハイツ

右の橋は、板ノ本橋です。

お気に入りの撮影ポイントの一つで~す。
IMGP0092_20100523215849.jpg
IMGP0097_20100523215901.jpg

茂みの中の赤い橋が、生子橋です。
IMGP0098_20100523215910.jpg

明日は、内宮神社

下部鉄道跡 端出場~山根⑩につづく (笑)





2010-05-23 Sun 22:03
別窓 | 下部鉄道跡 端出場~山根 | コメント:0 | トラックバック:0
下部鉄道跡 端出場~山根⑧

こんにちは、風変りな電気屋 です。

住友下部線跡

今日は、板ノ本です。

物言嶽トンネルぬけたところが

地名を板ノ本と言います。

物言嶽トンネルが小さく見えます。
IMGP0067_20100522203851.jpg

右下部のコンクリート部分が坑水路です。

逆方向(北)
IMGP0068.jpg

岩盤の切り通し間から高速道路の橋げたが見えます。

岩盤の切り通しをぬける
IMGP0070_20100522203908.jpg

もう、物言嶽トンネルは見えません。

少しカーブしています。

高速道路の橋げた下から南側
IMGP0071_20100522203917.jpg

高速道路の橋げた下から北側
IMGP0072_20100522203928.jpg

煙突山が見えてきました。

文献によると

昔、この付近に板ノ本駅がありましたが

駅の跡は・・・

板ノ本からの煙突山
IMGP0073_20100522203935.jpg

左下部のコンクリート部分が坑水路です。

板ノ本北側 岩盤の切り通し南側からの煙突山
IMGP0077_20100522203943.jpg

この岩盤の切り通しをぬけると

内宮神社の南側です。

明日は、内宮神社の南側

煙突山が間近に見えてきます。

下部鉄道跡 端出場~山根⑨につづく (笑)




2010-05-22 Sat 20:43
別窓 | 下部鉄道跡 端出場~山根 | コメント:0 | トラックバック:0
下部鉄道跡 端出場~山根⑦

こんにちは、風変りな電気屋 です。

住友下部線跡

今日は、物言嶽トンネルです。

物言嶽トンネル南側
IMGP0050_20100521210152.jpg

トンネル南側の中心の最高部分
IMGP0051.jpg

初代は、石炭が動力源の汽車でいたが

電化された時の碍子が残っています。

トンネル内部南側より
IMGP0053_20100521210311.jpg

車屋トンネルに比べると短いです。

左下部のコンクリート部分が坑水路です。

物言嶽トンネル南側の左側
IMGP0054_20100521210322.jpg

煉瓦とつたのコラボレーションが・・・

トンネル内(南側)
IMGP0057.jpg

トンネル内(北側)
IMGP0058.jpg

綺麗に煉瓦が積まれています。

黒い部分は、石炭が動力源の汽車の遺物でしょう。

北側からトンネル内
IMGP0059_20100521210356.jpg

トンネル北側の中心の最高部分
IMGP0060_20100521210404.jpg

ここにも、電化された時の碍子が残っています。

トンネル北側の山側(西)
IMGP0063_20100521210412.jpg

年月を物語る煉瓦と自然との調和です。

トンネル北側
IMGP0065_20100521210419.jpg

下部のコンクリート部分が坑水路です。

明日は、板ノ本

ようやく煙突山が見えてきます。

下部鉄道跡 端出場~山根⑧につづく (笑)






2010-05-21 Fri 21:08
別窓 | 下部鉄道跡 端出場~山根 | コメント:0 | トラックバック:0
| 風変りな電気屋のひとりごと | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。