ふとした出合い(縁)で、夢や希望が現実に、すばらしい未来がみえてくる。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-------- -- --:--
別窓 | スポンサー広告
悲運な煙突山頂上の銅版標識板

こんにちは、風変りな電気屋 です。

ブログへの記載を迷いましたが、

考えさせられる悲劇なので事実だけを書き込みます。


2009年5月に煙突山頂上の銅版標識板が設置されました。

2009.05.17 撮影
IMG001.jpg

煙突山にお似合の銅板レリーフの標識板。

製作者さんは、役所に電話で煙突山の文字は

漢字・ひらがな・カタカナのどれが正式なのか尋ねると

限定は無いとの返事で漢字の『煙突山』に決定したそうです。

正式名は、『生子山』で『煙突山』は、誰が名づけたのか

不明ですが、ニックネーム的な名前なのです。

高さも、120mと確認されたそうです。

お仕事のかたわら、制作に何日もついやし、最後に

高校時代に自転車通学の帰宅時に見える山々の名前を調べ

山の愛好家に知られた「西赤石山」のお隣の「串ヶ峰」を

沢山の人に「串ヶ峰」を知ってもらいたい想いから

銅板レリーフに「串ヶ峰」を刻んだそうです。

2009.05.17 撮影
IMG002.jpg

2009年7月に煙突山頂上の銅版標識板に悲劇が

銅板レリーフに刻んだ「串ヶ峰」が、何者かに

2009.07.31 撮影
IMG003.jpg

製作者さんに報告すると、

標高の高い山なら、登山者の数は限られるしマナーも良いが

煙突山の様に誰もが登れる山では、

悪戯されるのは、覚悟してましたとのお言葉でした。


その後、

2010.07.04 撮影
IMG004.jpg

銅板レリーフに正確な山の高さが標示されました。

煙突山の標高 145m
国土地理院地図表示 144.7m


私なりの考えですが、

銅板レリーフが芸術作品なら×銅板レリーフが標識板なら○

製作者の気持を考えると××

答えになっていませんが・・・

2010年7月に煙突山頂上の銅版標識板に最終の悲劇が

2010.07.30 撮影
IMG005.jpg

首根っこで、折れています。

この日は、新居浜納涼花火大会で頂上からの花火撮影の為

登りましたので、修理ができません。

持帰る事も考えましたが、盗人と間違えられるのも・・・

次回は、標識板の修理に来ようと思い下山しました。

8/1(日)は、予定があり、標識板の修理に行けませんでした。

8/2(月) Pm21:30に制作者さんから悲痛な叫びの電話がありました。

友人からの電話で、銅版標識板が首根っこで、折れていると聞き

今日、煙突山頂上の銅版標識板を撤去しました。

修理して設置するのですかと尋ねると

もう可哀相なので、自宅に大事に秘蔵するそうです。

また誰かが、正式な標識板を制作されるでしょう。

だから、盗難届け等は出さないで下さいとの事です。



約1年3ヶ月の短い命

私のお気に入りの煙突山頂上の銅版標識板は、

煙突山頂上で、もう二度と見る事ができません。(涙)

丹精込めて製作された作品が、こんな悲運に襲われたら

私自身も同じ行動をしたでしょう。

大変悲しい出来事です。

私の携帯電話待受け画面・自作のストラップ
IMG006.jpg

製作者さんの心のこもった

煙突山頂上の銅版標識板に感謝・感謝です。

何も出来なかった自分が情けないです。

せめて、記念に私が自宅に大事に秘蔵したいです。

2009-05-17ブログ 煙突山 登山口看板・頂上銅版標識板の撮影

9月から始まる煙突山頂上公園整備工事・煙突補強工事前の

悲運な煙突山頂上の銅版標識板についての記載でした。


ちなみに銅版標識板は、赤石山系にも設置されています。
春先にその銅版標識板をメンテナンスしている
登山者さんもいらっしゃります。


中傷的な表現が、御座いましたらお許し下さい。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。





スポンサーサイト
2010-08-07 Sat 17:10
別窓 | 煙突山 PR | コメント:0 | トラックバック:0
| 風変りな電気屋のひとりごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。