ふとした出合い(縁)で、夢や希望が現実に、すばらしい未来がみえてくる。
四国八十八箇所 弘法大師
こんにちは、風変りな電気屋 です。

先日、おしゃべりカフェの時に
弘法大師は、なぜ新居浜の地に札所を造らなかったのか?
気になったので調べてみることに。

koubou.jpg

四国八十八箇所は、
四国にある88か所の弘法大師(空海)ゆかりの札所の総称。
単に八十八箇所、あるいは四国霊場と言う場合も多い。
四国八十八箇所を巡拝することを四国遍路と言う。


今からおよそ1200年前にお大師さま(弘法大師・空海)が
修行された場所やその跡をたどり、お大師さまの霊力による奇蹟を
求めて歩き始めたのがはじまりといわれています。
その後、一般庶民に広まり現在に至っています。


全行程約1440キロ、
発心の道場(阿波・徳島23ヶ寺)
修行の道場(土佐・高知16ヶ寺)
菩提の道場(伊予・愛媛26ヶ寺)
涅槃の道場(讃岐・香川23ヶ寺)


と四国を一周する遍路巡拝は、同行二人つまり、
お大師さまと共に心身をみがき、88の煩悩を一つひとつ取り除き、
大自然の中で生かされている自分自身を見つめ直す修行の旅です。
また宗派を問わず、
お参りをされる人々の願いが成就される信仰の場でもあります。
荒々しい太平洋の波、おだやかな瀬戸の内海、険しい四国の霊山、
のんびりとした田園、変化に富み、俗塵を離れ、大自然に接し、
また人との触れ合いの温かさに感謝し、
生きている喜びを感じ、身も心も生まれ変われる遍路旅。


  第六十四番
  前神寺(まえがみじ)
  ↓
  距離 47km
     ↓
   第六十五番
  三角寺(さんかくじ)


なぜ、この間の新居浜の地に札所が・・・

新居浜の地を避けて、船で、飛行機で・・・ (馬鹿な考え)

伊予・愛媛は菩提の道場

菩提とは
 1 煩悩(ぼんのう)を断ち切って悟りの境地に達すること。
   また、悟りの智恵。
 2 死後の冥福(めいふく)。


わからん! 煙突山馬鹿には・・・

新居浜は、弘法大師が避けたのは確実!!

新居浜は、札所が不必要なくらい恵まれた土地だと確信!!



 是非

「行きがい」「居きがい」「生きがい」

この3つの場所を与えられる新居浜市に!!




スポンサーサイト

2009-12-05 Sat 15:20
別窓 | 四国八十八箇所 弘法大師 | コメント:0 | トラックバック:0
<<のんびりと散歩 | 風変りな電気屋のひとりごと | 祝 完成! 全国にいはま倶楽部 会員証>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 風変りな電気屋のひとりごと |