ふとした出合い(縁)で、夢や希望が現実に、すばらしい未来がみえてくる。
下部鉄道跡 端出場~山根①

こんにちは、風変りな電気屋 です。

住友下部線跡

下部鉄道は、明治26年(1893)3月15日に完成しました。

今から117年前になります。

そして、昭和52年(1977)までの84年間使用されました。

下部鉄道全線としては、端出場から惣開まで、

約10km余りありますが、 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
下部鉄道02

今回は、

端出場(マイントピア別子)~山根間を歩いてきました。
 
端出場~山根間の地図
下部鉄道図

初めに、端出場(マイントピア別子)から出発しました。

下部鉄道があった場所
IMG_1242.jpg

ここを歩きました。

今から33年前までこの道に線路があり、

列車が走っていました。

自宅のすぐ側が線路だったので、子供の頃は

よく線路で遊び、警笛を鳴らされた覚えが・・・

今回も入口のサクは、無事突破!(滝汗)

住友金属鉱山株式会社の許可が必要みたいです。

ご注意ください。

入口のサクが小さく見えます。
IMGP0001_20100515233606.jpg

右側に見えるコンクリートは坑水路

線路の跡ではありません。坑内排水を通すためのものです。

先人の技術はすごい!

両脇が岩になっているところは、

山に鉄道を作るために、

山を切り抜いて平面を作っている本当に驚き!

逆方向、左側に見えるコンクリートが坑水路
IMGP0002_20100515233615.jpg

入口のサクはもう見えません。
IMGP0003_20100515233623.jpg

これで、一安心です。

下部鉄道跡 端出場~山根②につづく (笑)


スポンサーサイト

2010-05-15 Sat 23:50
別窓 | 下部鉄道跡 端出場~山根 | コメント:0 | トラックバック:0
<<下部鉄道跡 端出場~山根② | 風変りな電気屋のひとりごと | 裏(うら)煙突山 撮影ポイント撮影>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 風変りな電気屋のひとりごと |