ふとした出合い(縁)で、夢や希望が現実に、すばらしい未来がみえてくる。
昭和30年代後半 名勝 別子ライン 絵葉書集
こんにちは、風変りな電気屋 です。

こころに残る風景

昭和30年代後半の 名勝 別子ライン 絵葉書集

愛媛県の北の端の生名島から届きました。

親母の妹(叔母さん)から

最近の活躍を評価され、 『貴方が持っていなさい』 と

二つの絵葉書集を戴きました。

叔母さん貴重品を有難う御座いました。我家の家宝にしますよ。

この絵葉書集が、昭和30年代後半なのかは、

鹿森ダムの定礎に 昭和37年6月 竣工 と書いてありました。

IMG_0277.jpg

IMG_0275.jpg

46年前の絵葉書集 こころに残る風景

新日本第五位入選 名勝 別子ライン 別子観光株式会社


絵葉書の封筒

2.jpg


封筒の内側

1.jpg


仙雲橋付近の絶景

3.jpg


小女郎川の清流を湛える鹿森ダム

7.jpg


渡瀬付近の桜と渓谷美

8.jpg


神龍岩付近の景観

6.jpg


景勝第一の清滝の大観

5.jpg


清姫橋付近の渓谷美

4.jpg


別子ライン関門生子橋

10.jpg


庄司山城跡(煙突山)

9.jpg



もう一つの絵葉書集は、また後日のお楽しみに!!

予告:絵葉書の文字が右から左に書いてました。

これは、もっと古いぞ!!



スポンサーサイト

2009-07-25 Sat 18:18
別窓 | 絵葉書 | コメント:2 | トラックバック:0
<<医療法人 十全会 十全第二病院 広報誌『こころ』夏号 | 風変りな電気屋のひとりごと | アナログ--→デジタル>>
この記事のコメント

富士山娘さん

書込み(足跡) 有難うございます。
『富士山娘』すごくよいHNですね。(笑)
昨日は法事の為、返事を書けませんでした。(酒汗)
今回は、叔母さんに大変ご迷惑をお掛けしました。(寝込んでないかな?)

富士山娘さんは、煙突山に登るには、杖は必要なお年ではないでしょう。(笑)

ゲリラ豪雨ですが、今回はいまの所大丈夫ですよ。

『煙突山』は、霧で霞でますが、健在です。
『清滝』は、天気のよい日にまた撮影してきま~す。
過去の写真・現在の写真を見比べるのも・・・

またごゆっくりと、新居浜にも是非遊びにお越し下さい。

2009-07-27 Mon 19:09 | URL | 風変りな電気屋 #5BlcIWMo[ 内容変更]
ほ~~~♪
貴重なものがでてきた・・・?
電気屋さんの活躍に触発されて
電気屋さんに渡した~~~いという一心で
老体に鞭打ち この絵葉書 探し回ったことでしょう(笑)
ゲリラ豪雨が西日本を襲ってますが
煙突山は大丈夫でしょうか?
写真の「清滝」はどうなっているのでしょうか?
ホント・・・ 久しぶりにのんびり訪れてみたいですよ~~♪
2009-07-26 Sun 02:58 | URL | 富士山娘 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 風変りな電気屋のひとりごと |